たいせつのこと

大好きな事で いっぱいの 身の丈にあった幸せ。お庭でガーデニング、節約、断捨離、ミニマリスト、整理整頓、収納、お料理など暮らすことや お友だちとのおしゃべり。そして 夢に向かって歩き出した娘と息子。美味しくご飯のため こまめに動く旦那。しゃべる犬 Mシュナ ビーやん。
私のたいせつのことにお付き合い下さい。

老いるということ。身の回り品は いつもダンボール5箱。

私の仕事は老いに寄り添う仕事。介護職。


特養(特別養護老人ホーム)では、綺麗な個室タイプのユニットケアー。
部屋には洗面所とお手洗いとベッドに吊り戸棚が造り付け。


小さいながらも、気持ち良く生活できるんです。


特養なんて、行きたくないそんな所に入りたくないと思われるかもですが、
現実はそうでもないんです。


きちんと年齢相応に、モノへの執着を手放すことが出来る人にとっては、快適で楽しくもあります。


そして、またそんな所には入れたくない。
それもまた、健康な者の傲慢(ごうまん)、子のエゴ…。


人とは、思った以上にいつまでも楽しみも見つけられるものなのです。
置かれた場所で楽しみを見つける天才です。
例え、病気を持っていても、車イスでも、認知があっても、寝たきりでも。


どこにいようが、幸せに暮らせる。
そんな生き方を教えていただきました。
私はそう感じます。






最後の暮らしに寄り添った後、最後の荷造りを始めます。




カシミアのセーターにあつらえた洋服と、色もあせて伸びてしまったスエット上下。


カツラを装着して、帽子をかぶると、短く切り揃えた髪型。


ブランドのロゴの入ったひざ掛けと、誰かからもらったバスタオルのひざ掛け。


何万円もする高価な化粧品と、ビオレ。


花柄の洗面器と、100均の洗面器。


レースの付いたシミーズと、前開きマジックテープの綿の肌着。



荷物の内容は千差万別。



でも、だいたい段ボール5箱なんですよね〜。
いつも、段ボール5箱。


その中には、あれほど苦労し、執着し、思いやりを無くしてでも手に入れたモノは入っていない。




人は 裸で生まれて、手ぶらで旅立っていく。


私はその時、幸せな気持ちだけ胸に詰めて旅立ちたい。
モノはいらない。私のたいせつのこと。



ご訪問ありがとうございました。
ランキング楽しみに更新しています。
ポチッと押してくれたら嬉しいです(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎