たいせつのこと

小さく暮らしてご機嫌に過ごしたい。大好きなことがいっぱいの毎日にお付き合いください。

大好きな事で いっぱいの暮らしは、自分サイズであることが心地よい。
小さく暮らすことで、ご機嫌でいられる。
お金のこと、暮らすこと、家族のこと、仲良しさんのこと。
私のたいせつのことにお付き合い下さい。

「捨てる」のは、いつだって「罪悪感」にさいなまれる。

「捨てる」って、それぞれの理由で難しい〜。

まだ使えるとか、高かったとか、頂いたとか、思い出あるとか、時間ないとか。

ひとつの物、それぞれにそれぞれの理由がある。

ちゃんと理由があって、まだそこに居る。



必要ないって分かってる。

だって、もう何年も使ってないもん。

買って、数回使ったけど、思ってたのと違うねん。

もう、新しいの買い直したし〜。

惜しい訳じゃない、誰かが使ってくれるなら譲りたい。

この際、リサイクルショップでもいい。

例え、値段が付かなくても、もうそこに置いて帰りたい。

ただただ、粗大ゴミとして処分するのは忍びない……。


仲良しさんが「土鍋 」を捨てられない理由を教えてくれた。


うんうん、分かるわ〜。


私たちは、インプット(入ってくる物)は無防備だ。

可愛いから、安いから、なかなか手に入らないから、便利そうやから、頑張ったから……。

心の中で様々理由をつけては、インプットする。


反面、安易にインプットした物たちのアウトプット(捨てる、貰ってもらう)は、難しい。

多くの心の葛藤と体力と時間が必要となる。

だから、家に、クローゼットに、棚に、引き出しに、床に……。


それが「食べ物」なら話はカンタン。

だって腐るからね〜。

賞味期限があり、消費期限もある。

食べきれなかったら、次から買う量を控えないとと思うもんね。


「物」は腐らないからね〜。

自分で、期限を決めなければならない。

コレが、難しい〜(ㆀ˘・з・˘)



多くの物を捨ててきても慣れない「捨てる」っていうこと。

いつだって「罪悪感」にさいなまれる。


でも、その後にくる「スッキリ」は最高‼️

雨降りの、ゆっくりとした朝に思うこと


今日もご訪問ありがとうございます。

ポチッと押してくれたら嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)