たいせつのこと

心も暮らしもシンプルでありたい。そんな私の大切な毎日にお付き合いください。

大好きな事で いっぱいの暮らしは、自分サイズであることが心地よい。
小さく暮らすことで、ご機嫌でいられる。
お金のこと、暮らすこと、家族のこと、仲良しさんのこと。
私のたいせつのことにお付き合い下さい。

「物を大切にしましょう」と習った呪縛世代。

物は大切にしなさい。

もったいない。

今の子は、何でもすぐに捨てる。


物のない時代に育った、私の子供時代の大人たちの言葉。

学校の標語なんかも、そんな感じの事書いてあったなぁ〜。


私のおばあちゃん世代は、物を捨てない。

私の親世代は、物を捨てないけど、たくさん物を買う。


介護職をしていると、そんなお家を多く見てきた。

使わない多くの物で溢れたお家。

時が止まった空間。


使わない、要らないけど捨てたらあかんと刷り込まれてる。

思い出は、捨てるものではないと思ってる。

頂き物は、大事にとっておくのがマナー。

そう私は、「物を大切にしましょう」と習った呪縛世代。


そんな私も、大人になった。

だんだん呪縛から解放される。


必要な物を少しだけ持つ。

ちゃんと使って、新し物へと循環していく。


時間の流れとともに、必要な物も変化する。

その時がくれば、ちゃんと手放す。

私の物の大切の仕方。


息子が、増え過ぎたマンガ本を処分しだした。

お子たちには「定期的に持ち物は 見直しが必要」と教えてきたのよね〜。


子供というものは、いつだって親の呪縛の賜物かもしれない。

我がお子たちは、どんな価値観で暮らしていくのかなぁ〜。

楽しみにしておこうっと(๑˃̵ᴗ˂̵)


今日もご訪問ありがとうございます。

ポチッと押してくれたら嬉しいです。